スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

気を補う食べもの

「気虚」とは、体内の元気パワーが足りない状況ということでした。
また、気虚は疲れやすかったり、風邪を引きやすかったりもしますが、


・脾(消化器系)が弱い人が多い
・血虚(血が足りない)であることが多い

・肌のたるみが気になる人が多い
・冷え性で、食後に眠くなる人が多い
・舌の両側に歯型がある

・花粉症の人が多い


ということもあるそうです(まさにわたしのことDocomo_kao8)。

特に、肌のたるみは、顔用ローラーでコロコロもいいですが、
気を補ってあげると、ヒュッと上がることを実感します(これホントハート)。

気を補う漢方薬(例えば、補中益気湯や衛益顆粒など)を飲むという方法に加え、
日頃の食養生でも補うことができます。


あひょうパンダ気を補う食べものとは?

高麗人参、牛肉、鶏肉、卵、もち米、米
えび、栗、くるみ、山芋、きのこ(中でも‘しめじ’)
うなぎ、里芋その他芋類、豆、かぼちゃ、にんにく、シナモンなど

中でも即効性があるといわれているのは、
高麗人参、牛肉、えび、うなぎ

※高麗人参は、血圧を上げる作用があるそうなので、高血圧の方はご注意ください。


あひょうパンダ食べもの以外の養生

・早寝早起き(充分睡眠をとる)
・激しい運動や、冬は身体を冷やす運動をしない
・運動は、ウォーキングや呼吸法を取り入れたヨガや気功が良い
・朝ごはんを抜かない(食事は腹8分)
・おへそから指2本分下にある「気海」のツボを押す など


・・・と書くのはカンタンですが、実践するとなるとムズかしいアセアセ
わたしは特に、早寝ができません。お正月の夜更かしがクセになってしまい、
今でも気づくと24時を過ぎていることも...。

詳しくは「血」の時に書きますが、
人間のカラダは<22〜2時>の4時間に寝ていることが大切なのだそうです。
この時間帯に血は肝臓に戻り浄化され、また全身を巡ります。(肌もぷるぷるにハート
逆に、この時間帯に寝ていないと、血は汚れたまま全身を巡るそうなのです。


自分の体質を知るっていいな〜と思います。
それを知っていれば、無理をしなくなったり、何より自分のカラダを大切に思うようになるから。
女性は35歳を過ぎたら、少しずつホルモンの分泌が減ったり、
何もしていなくても、気や血が減ってくると言われています。
なので、10代や20代の頃と同じ過ごし方をしていたら、自分では大丈夫なつもりでも、
知らず知らずの内に、カラダに負担をかけてしまっているかも知れません。

「未病(病気でもなく健康でもない状態)を防ぐ」
未病になる前に、自分で自分のカラダの声を聞くことができる。
元々の体質に関係なく、自分のカラダと仲良くつきあっていく。
そんな生き方をしていきたいな〜と思っています。






「気」のはなし

書きたいことは沢山あるのに、2ヶ月以上もご無沙汰してしまいました...。
昨年は、イベント「くらしのたね」で、当日限定ランチを企画させてもらったり、
実店舗にキッチンができたりと、ちょっと嬉しいことがありました。

学びながら実践中している、面倒だったり難しいこと、
偏ったことはやらない、わたしのゆるゆる養生。
今年はちょっとしたことでも、メモがわりに書いていこうと思います。


今日は、ずっと書こうと思っていた「気」について。

馴染みのない方には、アヤしい響きだけかも知れませんが、
なんてことない、体内にある元気の「気」です。

日本人には、この「気」が不足している人が多いそうで、
(わたしの予想では、韓国人や中国人はそうじゃないと思う)

じゃあ、足りなかったらどうんなるんだ?
「気」って、具体的にどんな働きをするんだ?
ということを、簡単に、つらつらと書きたいと思います。


あひょうパンダ気のはたらき

推動作用(すいどうさよう) 

気は、血、水、(詳しくは後ほど書きます)排泄物などを動かし、
血、水を全身に循環させる働きがあります。
(血や水は物質なので、自分たちだけでは動けないから、気のチカラを借りて動きます)
また、内蔵が正しく動くためにも、気のチカラが必要です。


温煦作用(おんくさよう)

カラダを温めて、体温を正常に維持する働き。
カラダを温めることによって、内蔵や血、水などが正常に動くことができます。


防衛作用

カラダの表面をバリアーのように守る働き。
体内に入ったウィルスなどを追い出す働き。


固摂作用(こせつさよう)

内蔵が下垂しないようにする、
また、体内にある液体(汗、尿、血液など)が漏れ出ないようにする作用。


気化作用

呼吸で吸い込んだ空気を、エネルギー(宗気)に変える。
飲食物を消化して、エネルギーを生み出す。
エネルギーから、気・血・水を生み出す。
不要なものを排泄物として体外に出す。など。



あひょうパンダ気が足りなかったらどうなるの?

臓腑の働きの低下、冷え性、風邪をひきやすい、疲れやすい、多尿、汗が出やすいなど


あひょうパンダ気のバランスを崩すってどういうこと?

気のバランスが崩れると、

「気虚」・・・気が足りない状態(疲れやすい、冷え性、寝汗、風邪をひきやすいなど)

「気滞」・・・気が詰まっている、巡りが悪い状態(イライラ、脇腹の痛み、ガスやゲップが多いなど)

「気逆」・・・気が上に上がりすぎている状態(のぼせ、頭痛など)

などになり、それぞれ不快症状が現れます。




それでは、どうやったら足りない「気」を補うことができるのか?
それはまた(なるべく早く!)後日UPします。




| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM