スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

春が終わりそうですが・・・


すっかりご無沙汰してしまいました。
読んでくださっている方がいらっしゃるのに、本当に申し訳ないです。

なんだか梅雨のような雨つづきの糸島半島ですが、
前回「春のすごしかた」について、書いていないままでした。
(オリジナル石けんの「オー」のページで書いたつもりになっていました。失礼しました)

春の不調は、わたしの経験で言うと、
冬〜春の季節の変わり目に出やすい気がします。
今ぐらいの安定した気候になると、不調は出にくいようです。
(但し、不摂生していないことが前提)

わたしの場合、寝不足だったり、就寝時間が遅い日が続くと、とたんに吹き出物が出やすくなったり、
明らかに頭の回転が悪くなったり、イライラしたりします。



春は「冬に溜め込んだ老廃物を出す」季節でもあり、
木々の枝のように伸びやかに過ごすことが、健康の秘訣だそうです。

伸びやかに・・・って、どういうこと?
と、わたしが常日頃から心がけていることは、


小さなことやどうでもいいことをクヨクヨ考えない。
物事を難しく考えない、シンプルに考える。
自然の中に身を置いて、自分もその一員という自覚をもつ



この3つを心がけていると、いつからかあまりストレスを感じないようになってきました。
(ただ図太くなってきただけかも。笑)


「伸びやかに」って、たった5文字の言葉ですが、
人が生きるうえでとても重要な気がします。


「伸びやか」=「肝のはたらき」=「流れのよさ」


血液の流れだったり、老廃物をはこぶリンパの流れだったり、
目には見えないけれど、東洋医学でいう気の流れだったり。
人間関係でもそういうのあるなーと、時々思います。


東洋医学の本では、

「春に体調を崩しやすい人は、日頃から気虚(気が不足していること)が多い」

そして気虚の人には「呼吸が浅い」人が多いそうです。
なぜならば、深い呼吸は「宗気」といって、気を取り入れるといわれているから。


気が不足すると、疲れやすい・冷え性・体のバリア機能が弱まる・新陳代謝が悪いなど、
さまざまな不調が現れます。

気を補う食べものについてはこちら
http://cocokaraken.jugem.jp/?eid=17


「春」=「肝」の季節ということで、
肝によいとされる食べものは、柑橘などの酸味のあるもの。

アロマテラピーで使われているエッセンシャルオイルでは、
ベルガモットや、スイートオレンジ、グレープフルーツなどがおすすめです。


ツボでは、足の甲の親指と人差し指の付け根あたりにある「太衡(たいしょう)」を。
このツボを押すと、不安定な気分の時やイライラする時など、気の流れを良くするツボです。
週に数回、柑橘系のお気に入りのオイルを使ってツボや経絡のマッサージをしていますが、
ものの数分で、じわ〜〜っと汗がでるほど足元から温まり、終わる頃にはスッキリ!
今の時期に、疲れやすかったり、イライラしたり、調子がいまひとつの方に、
ぜひセルフマッサージをおすすめします。(プロの方にお願いすると、もっと◎)

「ジャスミンティー」や「ミントティー」など香りの良いものを飲みながら、
忙しい時期だからこそ、たまには自分ケアが大切だな〜と思いました。




春の体調

子どもの頃は、あまり意識していなかったものの、
最近の激しい気候変動のせいか、
梅雨や夏の蒸し暑さが、ちょっとしんどくなってきました。

その前に、おとなになってから、
「実は、この季節はちょっと苦手なのかも知れない」
と思ったのが、冬から春の季節の変わり目。
冬に溜め込んだものを解毒する時期です。

この時期は、時にわけもなくイライラしたり、
気持ちが焦ったり、めまいがすることもあります。
また、ひどいときは生理が遅れることも。

中医学的には、

春は、肝の影響で、自律神経が不安定になりやすく、
イライラしたり、やる気がなくなったり、
気持ちが沈んで落ち込んだりしやすくなる。


とのこと。


それに対処するにはどうしたらいいのだろう・・・?
「自分で不調を治す 漢方的183のアイディア」によると、
こんなに簡単な3つの養生法が紹介されていました。


]掲冓を出し切る
気を高める
ストレス対策



あひょうパンダ 老廃物を出し切るには、

わたしはまずのんびりと、長めのお風呂に浸かることにしました。
そして、足裏のツボ押し&マッサージ。
時間があればウォーキングやヨガも。
それと、これは思っていた以上に効いた!と実感したのが、
寝る前に、ベットに横になってお腹のマッサージ。
縦方向、横方向、ぐるぐる円を描いてみたり...。
翌朝、スッキリです!

うちの店の宣伝になりますが(笑)
タンポポコーヒー(タンポポの根)も、
昔からヨーロッパや中国では解毒効果があると言われています。



あひょうパンダ 気を高めるってどういうこと?

「気」というと、なんともアヤしげな単語にも思えますが、
これは体のエネルギー、元気の「気」と解釈すれば何てことありません。

でも、この「気」は非常に大切な働きのひとつで(詳しくは後日)、
臓器を元気よく動かしたり、血の流れをよくしたり、
いろいろな働きがあるそうです。

悲しいことに、
わたしは元々この「気」が不足し(気虚)
動きが滞りやすい体質のようで(気滞)
ちょっぴり苦労しています。

でも「気」を補う食べものや、漢方薬、過ごし方などがあり、
体質改善できることも知りました。
今では、以前とは比べものにならないくらい元気です。


気虚(ききょ)とは、
持って生まれたもの(腎の精気)もありますが、
栄養分を摂取しずらい、胃腸の働きが弱いひとに多いそうで、
冷たいものを控えて、
消化の良いものを食べることを心がけたほうが良いそうです。
(↑まさにわたしのこと)

※肝や腎などについては、後日記載します。


あひょうパンダ 気を補う食べものとは、


もち米、はと麦などの雑穀類、長いも、さつま芋などのいも類、
かぼちゃ、カリフラワー、ブロッコリー、キャベツ、いんげん、干し椎茸、
大豆、栗、黒豆、豆乳、鶏肉、牛肉、スズキ、いわし、かつお、蜂蜜など



気軽に料理に使える食材がいっぱいでうれしいです。
また漢方では「補中益気湯(ほちゅうえっきとう)」というものを飲んでいます。


気虚になると、疲れやすくなったり、食欲不振、
内蔵と固定する力が落ちるため、内蔵下垂になったり、
下痢、多汗、寝汗など、様々な不快な症状が現れてくるそうです。


ストレスについては、追々ゆっくり書きたいと思います。
あまりに深く、多すぎて、ひとつの記事では書ききれません。




春のモヤモヤした気分をスッキリさせたい時は
香りのあるものが良いそうで、
お茶ならジャスミンティーや、ミントティー、

だるかったり、やる気がないときなどは
酢、グレープフルーツなどの酸っぱいものが良いそうです。
(酸っぱいものは食べ過ぎると胃を荒らしますので注意)
我家では、甘夏などを野菜のマリネに使ったりしています。

生理不順やホルモンバランスによる吹き出物などには
いちごや苺オレンジなどの甘酸っぱいフルーツがよいそうです。



漢方薬とは違って、食べ物には即効性はありませんが、
意識した食生活をしているだけで、
少しずつ、でも確実に、体質は変わっていくんだな〜と実感しています。

でも、たまにはラーメンも食べるし、ケーキもケーキ食べる(笑)
それは次の日に野菜をたっぷり食べるようにしたり、
できるだけ調節するようにして、ストイックになりすぎない程度にしています。

「○○しなくちゃいけない!」と思いすぎて、
食生活や養生そのものがストレスになったら、意味がないですもんね。

中医学や薬膳もしかり、
自然そのものは「バランス」で成り立っていると言われています。
そして、その考え方が好きです。

偏れば問題が起きる、うまく回らなくなる。
自分でその「バランス」を探しながら、楽しく暮らしていけたらいいなと思います。


次は、バランスの要「陰と陽」について、書きたいと思います。







| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM