スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夏の食養生

またまたすっかりご無沙汰してしまいました。
外では、ミンミンゼミが鳴いていて、耳だけは心地よい夏の日です。
ここの所、ちょっと多忙な日々だったので、
途中まで書いていたのに、UPするのをすっかり忘れていましたDocomo_kao8


今年は「冷夏では?」と言われていた頃が懐かしい、連日35℃越えの猛暑。
糸島でも熱中症になる方が多く、日中、外には(海水浴客意外は)誰もいません。
例年だと、わたしも夏の間何度かは、外でクラクラ..ということがありますが、
早寝&早朝ウォーキングするようになってから、猛暑も元気に過ごせている気がします。


中医学的には、

夏は「心」の働きが活発になり、
多汗により津液(しんえき・体内の水分)が不足し、
血流が悪くなる(いわゆるドロドロ)。
また、心拍数も早くなり、不眠になりやすくなる。


とのこと。


あひょうパンダ熱を冷まし、津液を補うには、

きゅうり・ゴーヤ・冬瓜・トマト・豆腐・スイカ・グレープフルーツなど、

涼性の食べものを食べると良いそうです。



あひょうパンダでも、クーラーの中で冷えてしまったり、
冷え性だったり、冷たいものの取りすぎて胃腸の調子が今ひとつ・・・という時は、

みそ・キムチ・納豆などの発酵食品

が、カラダを優しく労わります。



わたしも高校生の頃から好きで、
毎年夏のはじまり頃から、時々飲んでいるのが、

りんご酢

飲みすぎると胃に負担がかかってしまうので、少量にしていますが、
クエン酸効果か、夏の疲れや渇きがスーッとやわらぎます。


また、汗でミネラルも失われていくので、
ミネラルが豊富な食べ物も、意識的に取り入れるようにしています。

※ミネラルとは・・・
16種類の必須ミネラル(カルシウム・リン・カリウム・イオウ・ナトリウム・
塩素・マグネシウム・鉄・亜鉛・銅・ヨウ素・セレン・マンガン・マンガン・
モリブデン・クロム・コバルト)←詳細は今後


あひょうパンダ夏バテの食欲不振は、かんきつ類やカレーなどの香辛料を使ったり、
「ムチン(ネバネバ成分)」が含まれる、オクラや長いも、モロヘイヤなど
消化や吸収を助ける働きのあるものを、料理に取り入れると良いそうです。
(モロヘイヤは、サッと火に通すくらいがおすすめ)


あひょうパンダ夏によく我家で作る簡単料理

・モロヘイヤ&トマト&チーズ入りオムレツ
・モロヘイヤ入り味噌汁
・炒めたモロヘイヤ&じゃこの冷奴のっけごま油ソース
・長いもと夏野菜の梅ドレッシングサラダ
・オクラ入り納豆
・オクラとモズクとトマトの酢の物


モロヘイヤは、カロチンが豊富で、ビタミンK/B1/B2/Cのほかに、
カリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・鉄・マンガンなどの
ミネラルもたっぷり!
ぬめりのあるムチンは、粘膜を保護したり、肝機能を高めたり、
血糖値やコレステロールの上昇を抑える働きがあるそうです。



夏の話とはあまり関係ないかも知れませんが、
8月の初旬に、夫が夏風邪をこじらせて入院したとき、
多忙でタイミングを逃してしまい、まともに食事ができなかったのですが、
その数日後から肌が荒れだして、びっくり。

きちんと3食食事をし、早寝早起きをすることで、調子を取り戻したのですが、
この時ばかりは、食事と睡眠の大切さをひしひしと実感したのでした。



次回は、夏に効く「ツボ」のお話です。


つづく

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM