スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

こんな方は「肝タイプ」

個人的に、1年のうちで「2月」が最もニガテな季節かも知れない・・・。
特に、寒い日から一転、気温が上昇したポカポカ日和の日に、
昔から、どうも調子が悪くなります。

といっても、風邪をひくわけじゃなし、寝込むわけじゃない。
なんとなく頭がぼーっとしたり、些細なことでイライラしたり、
集中力がなくなったり、カラダの中から力が湧いてこないという感じ。

毎年のことなので、これは何かある!と思っていたら、
東洋医学的(五行体質)では、

「肝タイプ」

とのこと。


・ストレスを感じやすい
・ストレスで体調を崩しやすい
・貧血、めまいを起こしやすい
・怒りっぽい
・涙もろい
・エアコンが苦手
・疲れ目になりやすい
・足が攣りやすい
・爪が欠けやすい
・PMSがある
・酸味のある食べものが好き
・春に体調を崩しやすい



などなど。
これらに思い当たる節があれば「肝」タイプかも知れません。


わたしの場合で言うと、

・ストレスを感じやすい
・貧血、めまいを起こしやすい
・涙もろい
・エアコンが苦手
・疲れ目になりやすい
・足が攣りやすい
・爪が欠けやすい
・酸味のある食べものが好き
・春に体調を崩しやすい

11項目のうち、9項目が当てはまります。
どうやら立派な「肝タイプ」のようですDocomo_kao8



あひょうパンダ東洋医学でいう「肝」とは何か?

・全身の気を巡らせる(疏泄)ことで、体内の臓腑や精神状態などに影響を与えている。 
 (気を巡らせるとは、気そのものや血・水の流れもスムーズにすること)

 流れが悪くなると・・・乳房や脇腹が張ったり、気分が塞ぎ込みがちに。めまい、悩みがち、生理痛など。
 流れが強すぎると・・・頭痛、耳鳴り、怒りっぽくなる、月経過多、気持ちが落ち着かないなど。


・血を貯蔵する。
 
 血=陰  肝のはたらき=陽

 陰である肝血には、陽である肝の気を抑える働きがある。
 肝血が不足すると、肝の気が強まり、不快な症状(イライラ・張り・出血など)が現れる。

・血流を調節する

 必要に応じて、血液を送る役割。
 しかしこれも肝に貯蔵できる「血」があってこそ。
 血が足りない場合は、目の乾燥や月経血の減少(無月経)、筋肉の痙攣などが起きる。
 (急激なダイエットなどで食べていないと、血も作られないため無月経になる)



あひょうパンダ肝タイプは春に体調を崩しやすいわけ

五行表では、肝は「春」に影響を受けやすいと言われているから。

その他にも肝は「木」と関連があると言われ、

感情:怒り
色: 青
味: 酸味
方角:東


その他、風・目・爪・筋・涙などと関連があると言われています。



いつもと変わらない生活をしているのに、なんだかイライラしてしまう・・・。
それは「春=肝」のせいかも知れません。

そんな春の過ごし方は、次回に。





スポンサーサイト

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • 18:42
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM