スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

春が終わりそうですが・・・


すっかりご無沙汰してしまいました。
読んでくださっている方がいらっしゃるのに、本当に申し訳ないです。

なんだか梅雨のような雨つづきの糸島半島ですが、
前回「春のすごしかた」について、書いていないままでした。
(オリジナル石けんの「オー」のページで書いたつもりになっていました。失礼しました)

春の不調は、わたしの経験で言うと、
冬〜春の季節の変わり目に出やすい気がします。
今ぐらいの安定した気候になると、不調は出にくいようです。
(但し、不摂生していないことが前提)

わたしの場合、寝不足だったり、就寝時間が遅い日が続くと、とたんに吹き出物が出やすくなったり、
明らかに頭の回転が悪くなったり、イライラしたりします。



春は「冬に溜め込んだ老廃物を出す」季節でもあり、
木々の枝のように伸びやかに過ごすことが、健康の秘訣だそうです。

伸びやかに・・・って、どういうこと?
と、わたしが常日頃から心がけていることは、


小さなことやどうでもいいことをクヨクヨ考えない。
物事を難しく考えない、シンプルに考える。
自然の中に身を置いて、自分もその一員という自覚をもつ



この3つを心がけていると、いつからかあまりストレスを感じないようになってきました。
(ただ図太くなってきただけかも。笑)


「伸びやかに」って、たった5文字の言葉ですが、
人が生きるうえでとても重要な気がします。


「伸びやか」=「肝のはたらき」=「流れのよさ」


血液の流れだったり、老廃物をはこぶリンパの流れだったり、
目には見えないけれど、東洋医学でいう気の流れだったり。
人間関係でもそういうのあるなーと、時々思います。


東洋医学の本では、

「春に体調を崩しやすい人は、日頃から気虚(気が不足していること)が多い」

そして気虚の人には「呼吸が浅い」人が多いそうです。
なぜならば、深い呼吸は「宗気」といって、気を取り入れるといわれているから。


気が不足すると、疲れやすい・冷え性・体のバリア機能が弱まる・新陳代謝が悪いなど、
さまざまな不調が現れます。

気を補う食べものについてはこちら
http://cocokaraken.jugem.jp/?eid=17


「春」=「肝」の季節ということで、
肝によいとされる食べものは、柑橘などの酸味のあるもの。

アロマテラピーで使われているエッセンシャルオイルでは、
ベルガモットや、スイートオレンジ、グレープフルーツなどがおすすめです。


ツボでは、足の甲の親指と人差し指の付け根あたりにある「太衡(たいしょう)」を。
このツボを押すと、不安定な気分の時やイライラする時など、気の流れを良くするツボです。
週に数回、柑橘系のお気に入りのオイルを使ってツボや経絡のマッサージをしていますが、
ものの数分で、じわ〜〜っと汗がでるほど足元から温まり、終わる頃にはスッキリ!
今の時期に、疲れやすかったり、イライラしたり、調子がいまひとつの方に、
ぜひセルフマッサージをおすすめします。(プロの方にお願いすると、もっと◎)

「ジャスミンティー」や「ミントティー」など香りの良いものを飲みながら、
忙しい時期だからこそ、たまには自分ケアが大切だな〜と思いました。




スポンサーサイト

  • 2011.08.07 Sunday
  • -
  • 12:13
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM